29203668-1

2018-06-06LinkIcon

EXHIBITIONS

2018 - 2015

How to live #2 at Roppongi


ShugoArts
Februar 25 - June2, 2018

“ Animal House in Dogo


Dogo ONSENART 2018 Shinro-tei
April 14,2018 - Februar 28, 2019

“Atsuhiko Misawa’s Animal House: House of Enigmas


The Shoto Museum of Art
October 7- November 26, 2017

Thrice Upon A Time


ShugoArts
October 21-December 4, 2016

All Living Things


Vangi Sculpture Garden
July 24-Novmber 29, 2016

2014 - 2012

Masato Kobayashi Futo Akiyoshi " From a Quiet Distance”


PARKHAUS I’m Malkastenpark
July 12-27, 2014
Curated by Takeshi Makishima

Nameless Horse”

ShugoArts
May10 - Jun 28, 2014

.

Crazy for Painting vol.9" Masato KOBAYASHI + Hiroshi SUGITO

gallery αM
February 9- March 23, 2013
Curated by Kenjiro HOSAKA

http://www.musabi.ac.jp/gallery/2012-9.html
2013年2月9日(土)~3月23日(土)

ART TODAY 2012 Explanatory Paintings and Masato Kobayashi”

Sezon Museum of Modern Art
October 6 - November 25, 2012
Curated by Hideo Nanba

“LOVE, more awful painting! and more beautiful, because painting is all for love, spring 2012”

ShugoArts
March 17 - April 21, 2012



“LOVE LOVE SHOW”

Tomonotsu Museum
Octber 20 - Decemver 18, 2012
Curated by Nobumasa Kushino
鞆の津ミュージアム
2012年10月20日[土] ー 12月18日[火]

http://abtm.jp/blog/121.html

2011- 2007

“Memory/Memorial HIROSHIMA - POLAND”

Hiroshima City Museum of Contemporary
July 19 - November 7, 2010

「メモリー/メモリアル 65年目の夏に」 広島-ポーランド特別展示 広島市現代美術館
LinkIconhttp://www.hiroshima-moca.jp/docs/press/collection2010-2_4.pdf

"Mediations Biennale”

Zamek
Sptember 09 - October 11, 2010


.

“MASATO KOBAYASHI – The Paint of the Planet”

Nariwa Museum
「この星の絵の具」高梁市成羽美術館

“Light Painting”

ShugoArts

September 1 - 29, 2007
「ライトペインティング」

2006 - 2003

“Touching the Cosmos”

The Vangi Sculptre Garden Museum
「空にふれるまでのあいだ」廣瀬智央 x 小林正人 x 小粥丈晴
2006年7月8日(土)~2006年9月12日(火)
http://www.vangi-museum.jp/index.html

“U-TOPOS, Biennale Tirana 2”

The National Gallery of Art
September 12 - October 25, 2003
Directors: Edi Muka, G‘zim Q’ndro
Curated by Sislej xhafa

“ STARRY PAINT ”

SugoArts
September 4, 2004 - October 16, 2004

“MASATO KOBAYASHI STARRY PAINT stars of outer space by pure painting”

Tensta Kunsthall
October 25, 2004 - January 28, 2005
Curated by Ylva Ogland
Co-curaters Rodrigo Mallea Lira, Jelena Rundqvist

2002 - 1996

“Masato Kobayashi A son of Paintimg”

S.M.A.K.(Museum of Contemporary Art Gent)
March18 - April 29, 2001
Curated by Jan Hoet
http://smak.be/nl/tentoonstelling/7828

“KOBAYASHI Masato”

The Miyagi Museum of Art
July 5 - October 15, 2000
「小林正人展」宮城県美術館(仙台)
Curated by Koichi Wada

“A CASA DI …”

Cittadellarte - Fondazióne Pistoletto, Biella
7 July 2000 - 30 July 2000
Curated by Giacinto Di Pietrantonio
参考:http://www.undo.net/it/evento/1400

“Over the Edges”

S.M.A.K.(Museum of Contemporary Art Gent)
1 April - 30 June. 2000
Curated by Jan Hoet, Giacinto Di Pietrantonio

“de Rode Poort”

Museum van Hedendaagse Kunst, Ghent
9 November1996 - 2 February 1997
Concept : Jan Hoet
Exhibition co-ordination : Hans Martens

1995 - 1985

“A Son of Painting”

Satani Gallery
絵画の子」佐谷画廊,1992

“Ku-Sen”

Satani Gallery,1991
「空戦」佐谷画廊


“絶対絵画”

鎌倉画廊,1985

All Living ThingsVangi Sculpture Garden Museum

24 Julyr 2016 - 29 November 2016

「生きとし生けるもの」ヴァンジ彫刻庭園美術館

2016年7月24日(日)―11月29日(火)

生きとし生けるもの All Living Things
14名の想像力が生み出す未知の動物たちと、美術館で出会う

現代を生きる私たちにとって、動物はどういった存在なのでしょうか。人類が歩んできた歴史を振り返ってみると、動物は大切な家族や友として、生命を脅かす 危険な敵として、人知を超えた聖なる神やその使いとして、いつでも人とともにありました。また精神の営みだけでなく、狩猟や農耕、畜産といった生の営みに おいても、動物は欠かすことができない特別な存在であり続けています。しかし、そうして育まれてきた関係が、いつの時代も調和に満ちていたとは限りませ ん。むしろ現代では、文明や科学技術の発達がもたらした生態系への影響によって、人間と動物のつながりは失われながら錯綜しています。
展覧会「生きとし生けるもの」では、動物をテーマとした14名のアーティストによる多様な作品表現を通じて、現代の人間と動物の複雑な関係を見つめ直して いきます。絵画や彫刻、写真、映像、マンガ、詩など、人間の想像力が生み出す未知の動物たちとの出会いが、美術館で待っていることでしょう。作品がもつ生 命の力強さや躍動は、人間社会が動物を隔てていた規範や固定観念を解きほどき、今一度つながるための手がかりとなるかもしれません。
生きとし生けるものすべてが等しく宿している、生のかけがえのなさ。人間社会と自然、日常と幻想の境界を飛び越え、軽やかに行き来する動物たちは生命の連鎖と生の根源的な価値を、私たちに気づかせてくれることでしょう。

http://all-living-things.com/ より



Exhibistion View

Pair / ペア


ヴァンジ彫刻庭園美術館展示室

Ristorante Primavera / レストラン「リストランテ プリマヴェーラ」

ペア作品は別々の場所に展示されることで、見る者に互いの作品の存在を強く想わせる

Pair / ペア


Vangi Sculpture Garden Museum


Sezon Museum of Modern Art

本展同時期に 軽井沢のセゾン現代美術館 で開催中の「恋するアート」に左のペア作品が展示れています。



Catalog

Tite:
ALL LIVING THINGS / 生きとし生けるもの 
year:
2016
description:
参加 14名のアーティストによる多様な作品表現を通じて、現代の人間と動物の複雑な関係を見つめ直していきます。本書では、動物をテーマとした展覧会をより深く読み解くために、展示作品に関連した多数の図版や、作家へのインタビューなどを収録しています。さらに、さまざまな分野の論者によるエッセイや展覧会作家との対談を通じて、美術の領域に留まらない活動を行う作家の思考を紐解いていきます。
size:
15 x 20.5 cm
pages:
239
language:
JP
texts by:
【収録アーティスト】淺井裕介、新居幸治(Eatable of Many Orders)、イケムラレイコ、小林正人、管啓次郎、染谷悠子、高木正勝、中谷ミチコ、西島大介、橋本雅也、三沢厚彦、宮崎学、ミロコマチコ、ムラタ有子
【対談】松井みどり(美術評論家)× 西島大介(マンガ家)
【寄稿】内山節(哲学者)、管啓次郎(詩人、比較文学者)、森啓輔(ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)
design:
田部井美奈
venue of the exhibition: 
Vangi Sculpture Garden / ヴァンジ庭園美術館
Price
3,024 yen