29203668-1

2018-06-06LinkIcon

PROFILE


Masato Kobayashi

Artist

Born in Tokyo in 1957. Graduated from Tokyo University of the Arts (B.A.) in 1984. Started living and working at his studio in Kunitachi, Tokyo in 1985. Received the VOCA Encouragement Prize (1994) and Bienal Internacional de Artes de São Paulo (1996). Moved to Ghent, Belgium, at the invitation of Jan Hoet in 1997~2006. Back to Japan in 2006 and built the studio at Tomonoura in Hiroshima. Selected solo exhibitions include: “KOBAYASHI Masato" at The Miyagi Museum of Art, Sendai (2000); "A Son of Painting Masato Kobayashi" at S.M.A.K. (Museum of Contemporary Art Gent), Ghent (2001); "Starry Paint, stars of outer space by pure painting" at Tensta Konsthall, Spanga, Sweden (2004); "MASATO KOBAYASHI – The Paint of the Planet" at Nariwa Museum, Okayama (2009); "LOVE, more awful painting! and more beautiful, because painting is all for love" at ShugoArts, Tokyo (2010 and 2012); and "ART TODAY 2012" at Sezon Museum of Modern Art, Karuizawa (2012). “Nameless Horse” at ShugoArts, Tokyo (2014). "Thrice Upon A Time " at ShugoArts, Roppongi (2017)
Lives and works in Tokyo and Hiroshima.

小林 正人

画家

1957年 東京生まれ。 '84年東京芸術大学美術学部油画専攻卒業。'85年初個展を機に東京国立のアトリエで制作を始める。'94年{絵画の子」でVOCA奨励賞。'96年サンパウロビエンナーレ日本代表。'97年キュレーター ヤン・フート氏に招かれ渡欧。以降ベルギー、ゲント市を拠点に各地で現地制作を行う。2006年帰国。主な個展に「小林正人展」宮城県美術館(2000年)、「A Son of Painting」ゲント現代美術館(2001年)、「STARRY PAINT」テンスタコンストハーレ、スウェーデン(2004年)、「この星の絵の具」高梁市成羽美術館(2009年)、「LOVE もっとひどい絵を! 美しい絵 愛を口にする以上」シュウゴアーツ、東京(2010年、2012年)、「ART TODAY 2012 弁明の絵画と小林正人」セゾン現代美術館(2012)。「名もなき馬」シュウゴアーツ、東京(2014年)。2017年 シュウゴアーツ六本木で「Thrice Upon A Tlme」 を開催。

2018-06-06

Profile

1957
Born in Tokyo
1984
B.A., Tokyo University of the Arts
1985-97
Lives and works in Kunitachi Tokyo
1997-06
Lives and works in Ghent, Belgium (by Jan Hoet invitation)
2007-
Lives and works in Fukuyama, Hiroshima
2010-
Associate Professor, Tokyo University of the Arts
Lives and works in Tokyo and Fukuyama, Hiroshima

SOLO EXHIBITION

2016
“Masato KOBAYASHI 'Thrice Upon A Time'” ShugoArts, Tokyo
2014
“Nameless Horse” ShugoArts, Tokyo
2013
“Crazy for Painting vol.9" Masato KOBAYASHI + Hiroshi SUGITO, gallery αM, Tokyo
2012
“LOVE, more awful painting! and more beautiful, because painting is all for love, spring 2012", ShugoArts, Tokyo
“ART TODAY 2012 Explanatory Paintings and Masato Kobayashi" Sezon Museum of Modern Art, Karuizawa
2010
“LOVE, more awful painting! and more beautiful, because painting is all for love", ShugoArts, Tokyo
2009
“MASATO KOBAYASHI – The Paint of the Planet”, Nariwa Museum, Okayama
2007
“LIGHT PAINTING”, ShugoArts, Tokyo
2006
“The Nude” ShugoArts, Tokyo
“light”, Takahashi Collection, Tokyo
“Masato Kobayashi 1982 - 1992”, ShugoArts, Tokyo
2005
“Starry Paint”, Hoet-Bekaert Galery, Ghent
2004-5
“Starry Paint, stars of outer space by pure painting”, Tensta Konsthall, Spanga, Sweden
2004
“Starry Paint”, SHUGOARTS, Tokyo
2002
“Painting in Situ”, Rice Gallery by G2 (SHUGOARTS), Tokyo
2001
“A Son of Painting Masato Kobayashi”, S.M.A.K.(Museum of Contemporary Art Gent), Ghent
2000
“KOBAYASHI Masato”, The Miyagi Museum of Art, Sendai
1998
“At Night”, Satani Gallery, Tokyo
1997
“Masato Kobayashi, Recent Works”, Satani Gallery, Tokyo
1995
“Masato Kobayashi, Recent Painting & Drawings”, Satani Gallery, Tokyo
1992
“A Son of Painting”, Satani Gallery, Tokyo
1991
“Ku-Sen”, Satani Gallery, Tokyo
1989
“Masato Kobayashi, 1987-1988”, Satani Gallery, Tokyo
1986
“The Second Exhibition, New Generation”, Satani Gallery, Tokyo
1985
Kamakura Gallery, Tokyo

GROUP EXHIBITIONS

2018
“How to live #2 at Roppongi - Masaya CHIBA, Masati KOBAYASHI, LEE Kit, Atsushi YAMAMOTO” ShugoArts, Tokyo
Animal House in Dogo Dogo ONSENART 2018 Shinro-tei, Ehime
2017
“Ara Mahoshi - Art, anything to access a world” Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery, Tokyo
Atsuhiko Misawa’s Animal House: House of Enigmas the Shoto Museum of Art , Tokyo
“Fun with Cokors from CCMA Contemporary Collction” Chiba City Museum of Art, Chiba
“THE BONE OF ARTS-NINGBO China - Japanese Contemporary Art Exchage Exhibition” Ningbo Museum of Art, China
2016
“CRUSH ON ART”Sezon Museum of Modern Art, Karuizawa
“All Living Things”Vangi Sculpture Garden Museum, Shizuoka
“TABLE OF THREE”ShugoArts, Tokyo
“'THE COLLECTION OF THE TAKAMATSU ART MUSEUM' EXHIBITION CELEBRATING THE MUSEUM’S REOPENING A CONCISE GUIDE TO LIFE WITH JAPANESE CONTEMPORARY ART” Takamaysu Art Museum, Kagawa
“Takashi Murakami's Superflat Collection”Yokohama Museum of Art, Kagawa
2015
“ShugoArts: Weekend Gallery in Mishuku” ShugoArts, Tokyo
“Pass” Mullem, Huise, Wannegem Lede, Belgium.
“MOMAT Collection 'What Are You Fighting For?'” Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo
“Sezon COLLECTION 'TE TO ME' Sezon Museum of Modern Art, Karuizawa
“TAKAHASHI COLLECTION’Mirror Neuron'” Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo
“Live Drawing ‘Yokohama emaki’“ Yokohama Museum of Art, Kanagawa
“ShugoArts Show” ShugoArts, Tokyo
2014
“Shape of Picture" ShugoArts, Tokyo
“DOMMUNE University of the Arts -Tokyo Arts Circulation- THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS” DOMMUNE, 331 Arts Chiyod, Tokyo
“From a Quiet Distance”PARKHAUS im Malkastenpark, Dusseldolf
2013
“TAKAHASHI COLLECTION Mindfulness!" Kirishima Open Air Museum,Sapporo Art Museum, Sapporo
“Re: Quest - Japanese Contemporary Art since the 1979s" Museum of Art, Seoul National University(MoA), Seoul
“Why not live for Art? II - 9 collectors reveal their treasures" Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo
“A RIOT OF COLOR - Always Today" SEZON MUSEUM OF MODERN ART, Karuizawa
“The Vangi Sculpture Garden Museum Collection - on this planet" The Vangi Sculpture Garden Museum, Shizuoka
“Playback Artist Talks " The National Museum of Modern Art, Tokyo, Tokyo
2012
“2nd Western China International Art Biennale" TianYe Art Museum, Yinchuan,China
“LOVE LOVE SHOW" Tomonotsu Museum, Fukuyama, Hiroshima
“What a Wonderful Contemporary Art“ The Okayama Prefectural Museum of Art, Okayama
2010
“The Burden of Representation; Abstraction in Asia Today ” Osage kwan tong, Hong Kong
“ Living with art Contemporary Art from Japan and Taiwan” Yi&C. Contemporary Art, Taipei
“MOT Collection Enter here – what do you see? ”, Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo
“Drawing in the Dark”, National Museum of Modern Art, Tokyo
“Memory/Memorial HIROSHIMA - POLAND”, Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima
“Mediations Biennale”, Zamek, Poznan, Poland
2009
“The Biennale Knokke Zoute 2009”, Knokke, Belgium
“Fair Market” Fruit and Flower Deli, New York City, N.Y.
“12 Horizons – Perspectives of Contemporary Painting ”, Tokyo Station Gallery, Tokyo
2008
“Moon light show”, JOTA CASTRO STUDIO, Brussels
“ShugoArts Show”, SHUGOARTS, Tokyo
2007
“Skies and Stars: Celestial Images ”, National Museum of Modern Art Tokyo, Tokyo
“Portrait Session”, Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima
2006
“Touching the Cosmos” The Vangi Sculpture Garden Museum, Shizuoka
“MOT Collection” Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo
2004
“WHY NOT LIVE FOR ART”, Tokyo Opera City Art Gallery
2003
“U-TOPOS”, Biennale Tirana, The National Gallery of Art, Tirana, Albania
2002
“Unfinished Century”, The National Museum of Modern Art, Tokyo
“Emotional sight”, Sagacho Shokuryo-bild, Tokyo
2001
“SENRITSUMIRAI”, Centro par l’arte Contemporanea Luiji pecci, Prato
2000
“Over the Edges”, S.M.A.K.(Museum of Contemporary Art Gent), Ghent
“A CASA DI …”, Città dell’arte – Fondazióne Pistoletto, Biella
“Epifanie - Actuele Kunst en Religie”, Abdij van het Park, Heverlee, Belgium
1999
“The Opening”,S.M.A.K.(Museum of Contemporary Art Gent), Ghent
“Serendipiteit-Watou’99”, Watou
1996
“Avant – Premiére d’ un musée, le Musée d’ art contemporain de Gand”, Institut Néerlandais, Paris
“Biennale de São Paulo 1996 Japão”, São Paulo
“de Rode Poort”, Museum van Hedendaagse Kunst, Ghent
1995
“A Perspective on Contemporary Art: Painting – Singular Object”, The National Museum of Modern Art, Tokyo
1992
“Seductive Brush Marks: From the late 19th century to the present day”, Kyoto Municipal Museum of Art, Kyoto
1991
“Poetics of Hue, A message from two dimensions of contemporary paintings”, Kawasaki City Museum, Kanagawa
1989
“A Perspective on Contemporary Art: Color and/or Monochrome”, The National Museum of Modern Art, Tokyo / The National Museum of Modern Art, Kyoto
“Drawing as Itself”, The National Museum of Modern Art, Osaka
1987
“Icons in Contemporary Art”, The Museum of Modern Art, Saitama
1986
“Scene of Contemporary Japanese Art 3: The New Generation”, Miyagi Museum of Art, Sendai


SELECTED BIBLIOGRAPHY

2005
HOSAKA, K., Kobayashi Masato, Subaru, Mar, Japan
2004
OGLAND, Y., E.O., HOSAKA, K., and YOSHIDA, M., Starry Paint, stars of outer space by pure painting, Exh. Cat., Tensta Konsthall, Spanga
2001
HOHT, J., VAN CAUTEREN, P., and CAI, G.Q., Son of Painting, Exh. Cat., S.M.A.K., Ghent
NAGOYA, S., Kobayashi, M., Reviews, Flash Art International, Jan./Feb
2000
WADA, K., VAN CAUTEREN, P., en KOBAYASHI, M., Exh. Cat
KOBAYASHI Masato, The Miyagi Museum of Art, Sendai, Japan
1996
MOTOE, K., Masato Kobayashi – The Art of Luminosity, Exh. Cat. Biennale de Saõ Paulo, Japaõ
1995
KOBAYASI, M., (interviewed), Studio: The Place for the Angels, Painting=Angel, In: Brutus, nr. 250, June 1995
1992
MOTOE, K., Child of Light – about Masato Kobayashi’s Recent Work, Exh. Cat. Son of Painting, Satani Gallery, Tokyo
1991
MINAMASHIMA, H., The Revolution of Painting, Exh. Cat., Satani Gallery, Tokyo
1989
ICHIKAWA, M., A Color, Not One Color, In: Exh. Cat. A Perspective on Contemporary Art: Color and/or Monochrome, The National Musem of Modern Art, Tokyo.
TATEHATA, A., The Delay of Line, In: Exh. Cat. Drawing as Itself, The National Museum of Modern Art, Osaka
1986
MOTOE, K., Fuzai ni tsuite (On Absence), Exh. Cat., Satani Gallery, Tokyo

Award

1994 
Encouragement Prize at VOCA ‘94

Public Collection


The National Museum of Modern Art, Tokyo
Sezon Museum of Modern Art, Karuizawa
Chiba City Museum of Art, Chiba
Daiwa Press / Daiwa Radiator Factory, Hiroshima
Iwaki City Art Museum, Iwaki
S.M.A.K. The Municipal Museum of Contemporary Art, Ghent
TAKAHASHI COLLECTION, Tokyo
Takamatsu City Museum of Art, Takamatsu
The Dai-ichi Life Insurance Company, Tokyo
The Miyagi Museum of Art, Sendai
The Niigata Bandaijima Art Museum, Niigata
The Vangi Sculpture Garden Museum, Shizuoka
Tokyo Station Gallery, Tokyo
Utsunomiya Museum of Art, Utsunomiya

2018-05-02

Profile

1957
東京生まれ
1984
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1985-96
東京、国立のアトリエで制作
1997-06
ゲント、ベルギーを拠点に各地で現地制作
2007-
広島県福山市のアトリエで制作
2010 10月-
東京および福山在住

個展

2016
「Thrice Upon A Time」シュウゴアーツ(東京)
2014
「名もなき馬」シュウゴアーツ(東京)
2013
「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.9 小林正人+杉戸洋」ギャラリーαM (東京)(カタログ)
2012
「LOVE もっとひどい絵を! 美しい絵 愛を口にする以上 2012, spring」シュウゴアーツ(東京)
「ART TODAY 2012 弁明の絵画と小林正人」セゾン現代美術館(軽井沢)カタログ
2010
「LOVE もっとひどい絵を! 美しい絵 愛を口にする以上」シュウゴアーツ(東京)
2009
「この星の絵の具」高梁市成羽美術館(岡山)
2007
「ライトペインティング」シュウゴアーツ(東京)
2006
「光」高橋コレクション(東京)
2005
「Starry Paint」フートベカートギャラリー(ゲント)
2004
「星の絵の具」シュウゴアーツ(東京)
「Starry Paint」テンスタ・クンストハーレ、(ストックホルム) カタログ
2002
「Paintings in Situ」Rice Gallery by G2(東京)企画:シュウゴアーツ
2001
「Another “Son of Painting”」S. Cole Gallery(ゲント)
「Son of Painting」S.M.A.K.”ゲント市立現代美術館”(ゲント)カタログ
2000
佐賀町エキジビットスペース(東京)企画:シュウゴアーツ
「小林正人展」宮城県美術館(仙台)カタログ
1998
「夜に」佐谷画廊(東京)
1997
「新作展」佐谷画廊(東京)
1995
「新作ペインティング&ドローイング」佐谷画廊(東京)
1993
「新作展」佐谷画廊(東京)
1992
「絵画の子」佐谷画廊(東京)カタログ
1991
「空戦」佐谷画廊(東京)カタログ
1989
「Masato Kobayashi 1987-88」佐谷画廊(東京)カタログ
1986
「第2回新世代展」佐谷画廊(東京)カタログ
1985
「絶対絵画」鎌倉画廊(東京)カタログ


グループ展

2018
「どう生きるか #2 六本木にて - 千葉正也 小林正人 リー・キット 山本篤」シュウゴアーツ、東京
「アニマルハウスin道後」道後オンセナート2018 振鷺亭、愛媛
2017
「あら まほし Art, anything to access a world」 東京都渋谷公園通りギャラリー、東京
「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」 渋谷区立松濤美術館、東京
「シューゴアーツショー」 シュウゴアーツ、東京
「色で楽しむ現代美術」千葉市美術館、千葉
「艺术的纽带.宁波----中日当代艺术家交流展」宁波美术馆、中国 
2016
「恋する現代アート」セゾン現代美術館、軽井沢
「生きとし生けるもの」ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡
TABLE OF THREE」シュウゴアーツ、東京
「リニューアルオープン記念 高松市美術館コレクション展─いま知りたい、私たちの「現代アート」」高松市美術館、香川
「村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで」横浜美術館、神奈川
2015
「シュウゴアーツ: 毎週末の画廊、三宿SUNDAYの隣」シュウゴアーツ、東京
「Pass」Mullem, Huise, Wannegem Lede, ベルギー(カタログ)
「MOMAT コレクション誰がためにたたかう?」東京国立近代美術館、東京
「セゾン現代美術館コレクション展 手と目」セゾン現代美術館、軽井沢
「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」東京オペラシティー アートギャラリー、東京(カタログ)
「ライブドローイング 横浜絵巻 石田尚志、O JUN、小林正人」横浜美術館前広場、神奈川
「シューゴアーツショー」 シュウゴアーツ、東京
2014
「DOMMUNE University of the Arts -Tokyo Arts Circulation- THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS」DOMMUNE、アーツ千代田 3331、東京
「From a Quiet Distance」PARKHAUS im Malkastenpark、デュッセルドルフ
「絵画の輪郭」 シュウゴアーツ、東京
2013
「高橋コレクション展 マインドフルネス!」鹿児島県霧島アートの森、札幌芸術の森美術館(カタログ)
「ひとの姿 人のかたち」新潟県立万代島美術館、新潟
「Re: Quest - Japanese Contemporary Art since the 1979s」ソウル大学校美術館(MoA)、ソウル(カタログ)
「アートがあれば II ─ 9人のコレクターによる個人コレクションの場合」 ギャラリー 、東京オペラシティー アートギャラリー、東京
「ヴァンジ彫刻庭園美術館 コレクション展 この星のうえで」ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡
「千紫万紅ーいつも現代」セゾン現代美術館、軽井沢
「プレイバック・アーティスト・トーク」 東京国立近代美術館、東京(小冊子)
2012
「2nd Western China International Art Biennale」TianYe Art Museum、 銀川、中国
「LOVE LOVE SHOW」鞆の津ミュージアム、広島(小冊子)
「自由になれるとき 現代美術はこんなにおもしろい!」岡山県立美術館、岡山
2010
「The Burden of Representation : Abstraction in Asia Today」 Osage kwun tong、香港、上海(小冊子)
「リビング ウイズ アート Contemporary Art from Japan and Taiwan 」 Yi&C. Contemporary Art, 台北 (カタログ)
「MOTコレクション 入り口はこちら、、、なにがみえる?」 東京都現代美術館、東京
「ドローイング イン ザ ダーク」 東京国立近代美術館(リーフレット)
「メモリー/メモリアル 65年目の夏に」 広島-ポーランド特別展示 広島市現代美術館、広島(リーフレット)
「Mediations Biennale」 ポズナン国立美術館、Zamek、ポーランド(カタログ)
2009
「Fair Market」 ニューヨーク
「The Biennale Knokke Zoute 2009」 クノック、ベルギー
「現代美術の展望 12人の地平線」 東京ステイションギャラリー(カタログ)
2008
「シューゴアーツショー」 シュウゴアーツ、東京
「ムーンライトショー」 @ JOTA CASTRO STUDIO ブリュッセル、ベルギー
2007
「ポートレートセッション」 広島市現代美術館、広島 (カタログ)
「天空の美術」 東京国立近代美術館、東京
2006
「空にふれるまでのあいだ」 ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡 (カタログ)
「MOTコレクション」 東京都現代美術館、東京
2004
「アートがあれば WHY NOT LIVE FOR ART」 東京オペラシティーアートギャラリー, 東京 (カタログ)
2003
「ティラナ・ビエンナーレ:U-Topos」 ティラナ、アルバニア (カタログ)
2002
「エモーショナル・サイト」 佐賀町食糧ビルディング、東京 (カタログ)
「未完の世紀:20世紀がのこすもの」 東京国立近代美術館、東京 (カタログ)
2001
「先立未来」 ルイジペッチ現代美術センター、プラトー、イタリア (カタログ)
2000
「Epifanie - Actuele Kunst en Religie」 レーベン、ベルギー (カタログ)
「A CASA DI…(…の家へ)」 ミケランジェロ・ピストレット財団、ビエラ、イタリア
「Over the Edges」 S.M.A.K.(ゲント市立現代美術館)、ゲント、ベルギー (カタログ)
1999
「思わぬ発見」 ワトゥー、ベルギー (カタログ) 
「開館記念展」 S.M.A.K.(ゲント市立現代美術館)、ゲント、ベルギー (カタログ)
1996
「赤い扉」 ゲント現代美術館、ゲント、ベルギー (カタログ)
「サンパウロビエンナーレ」 ブラジル (カタログ)
「ゲント現代美術館展」 オランダ協会、パリ、フランス
1995
「現代美術への視点:絵画、唯一なるもの」 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館 (カタログ)
「VOCA展 '94, '95受賞作品展」 第一生命南ギャラリー、東京
「視ることのアレゴリー-1995:絵画・彫刻の現在」 セゾン美術館、東京 (カタログ)
「VOCA展 '95-新しい平面の作家たち-」 上野の森美術館、東京 (カタログ)
1994-5
「光と影:うつろいの詩学」 広島市現代美術館、広島 (カタログ)
1994
「VOCA展 '94-新しい平面の作家たち-」 上野の森美術館、東京(奨励賞授賞) (カタログ)
1992
「筆あとの誘惑」 京都市美術館、京都 (カタログ)
「TEMPUS VICTIM 生きられた時間:MTMコレクションの80年代」 エスパス小原、東京 (カタログ)
1991
「色相の詩学展 現代美術・平面からのメッセージ」 川崎市市民ミュージアム、神奈川 (カタログ)
1989
「ドローイングの現在」 国立国際美術館、大阪 (カタログ)
「現代美術への視点 色彩とモノクローム」 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館 (カタログ)
1987
「現代のイコン」 埼玉県立近代美術館、埼玉 (カタログ)
1986
「開館5周年記念 現代日本の美術3 戦後生まれの作家たち(第1期)」 宮城県美術館、仙台、


受賞

1994
VOCA 奨励賞


パブリックコレクション

  • いわき市立美術館、いわき
  • 宇都宮美術館、宇都宮
  • ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡
  • SMAK ゲント現代美術館、ベルギー
  • セゾン現代美術館、軽井沢
  • 高橋コレクション、東京
  • 高松市美術館、高松
  • 第一生命保険株式会社、東京
  • 大和プレス/大和ラヂヱーター製作所、広島
  • 千葉市美術館、千葉
  • 東京国立近代美術館、東京
  • 東京ステーションギャラリー、東京
  • 新潟県立万代島美術館、新潟
  • 宮城県美術館、仙台

その他

2013 12月12日
読売新聞 回顧2013 アート 3氏が選ぶ展覧会別と4、 小林正人+杉戸洋(東京 gallery αM) 選出者:光田由里
2009 12月17日
読売新聞 プロが選ぶ「2009年 展覧会ベスト4」、小林正人展 (成羽美術館)選出者:椹木野衣
2007 12月17日
毎日新聞 この一年 展覧会ベスト5 小林正人展(シュウゴアーツ)選出者:千葉成夫

LinkIconLinkIcon